暮らしとお金を考えることをテーマにした情報メディア
「ファイナンシャルフィールド」に記事が掲載されました。

受給できるパターンとできないパターンを押さえて確認していきましょう。

 

遺族年金は、国民年金や厚生年金保険(共済組合)に加入している方が亡くなった時に、遺族が受けることのできる年金です。

亡くなった方がサラリーマン(公務員)か自営業か、また、遺族の収入などにより支払われる期間や条件も変わってきます。

また、もらえないと思われがちだけれどもらえてしまうケース。
もらえると思っていたのに、もらえないケース。
どちらのケースも、あらかじめ知っていた方が良いことばかりです。

よろしければ、ぜひお読みください。

 

メルマガを配信しています。
よろしければ 登録ください ?

The following two tabs change content below.
  ~女性とシングルマザーを応援するファイナンシャル・プランナー~ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 現在、大学生の子どもを持つシングルマザー。 専業主婦から、調停・裁判を経て、子どもが4歳の時に離婚。 金融機関・派遣会社就労コーディネータ・公立中学校事務員などの様々な仕事を経験。 現在は、自らの節約・働き方・教育費の貯め方・投資など「すぐに役立つお金の話」を女性目線でわかりやすく伝えるファイナンシャル・プランナーとして活動中。                         ************************                       ◆7日間の無料メール講座◆                                 「\”ふえる楽しみ” 見つかるコツコツ投資で!/ 中3までに500万円の教育資金を無理せずに貯められる方法」 が好評中                               登録フォーム https://lifesinfonia.com/3622-2/